<< 「先生」=「人生の先輩」 | main | 観まんた(「ブロンソン」編) >>

常連H・Iのつぶやき:映画「日本の悪霊」



昭和の日本映像作品を代表する悪役、佐藤慶。

そんな彼の主演作の中でも特に異様な雰囲気を放っているのが、黒木和雄監督の「日本の悪霊」。

なんとこの作品では、佐藤慶が一人二役を熱演。

刑事の佐藤慶とヤクザの佐藤慶、どちらも同じ佐藤慶。

そんな二人の佐藤慶が、とある目論見のために入れ替わる。

すなわち刑事の佐藤慶がヤクザの佐藤慶になり、ヤクザの佐藤慶が刑事の佐藤慶になる。

そうして劇中の人物を惑わしていくのだが、同時に観客自身も混乱させられる。

なにせ、どちらも佐藤慶だからだ。

しかも、二人の佐藤慶は頻繁に入れ替わるので、どっちがどっちの佐藤慶であったか、皆目見当がつかなくなってしまう。

これが、この作品の狙い。

二人の異なる佐藤慶が織り成すカオスを楽しめる人は限られていると思うが、そのような人にとっては存分に楽しめることだろう。

この作品、DVDは絶版プレミア価格。

CSでの放送を待つのが最良。


・バーTREKマスターより
12月1日(金)は「第2回 ウルトラ怪獣大図鑑ナイト」です。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
BAR TREK
links
search this site.
others