<< 赤 | main | 花火 >>

日本の文化に足りない物・・・(「遊星からの物体X」編)

JUGEMテーマ:映画


こんにちはバートレック(BAR TREK)のマスターことPALです。

わたくしPALは、常日頃日本の文化には「読み書き物体X」が足りないと警告しております。(* ´艸`)クスクス

「物体X」ってのは、わたくしPALが昔ッからアホみたく言うとる一押しSF映画「遊星からの物体X」(超ド級なB級監督ジョン・カーペンター)の事ね。(^_^;)

が、が、が、が、が、がッ!!

つい先日、この「遊星からの物体X」がデジタル・リマスターで全国ロードショウ(10月19日より)とな!!

コレは、事件レベルなニュースです!!(〃艸〃)ムフッ

ツイッターで知った情報なのですが、この手の情報を知るたびにツイッターやってて良かったな〜とも思う訳です。

だって、こんな情報、普通にネット見てても知る事なんて無いしね。((´∀`))ケラケラ

う〜ん、何はともあれメデタイ事だす。(・_・D フムフム

コレで少しは「遊星からの物体X」も日本の文化に近づいたかな???

そう、「読み書き物体X」。。。。。

・・・な、訳無いわな。(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)

で、わたくしPALが何でやたらと「遊星からの物体X」を押すのかをチョロリと説明。

ソレなりに理由がありますねん!!

          
まず第一に劇中後半のシーン、未だ生き残ってる主人公一行。

が、状況を考えると生存率はゼロに等しい。

が、が、が、が、が、がッ!!

主人公ことマクレディ(カート・ラッセル)が「どうせ死ぬなら奴も(敵である物体Xの事ね)道連れだ」って。。。。。(物体Xが映画の舞台である南極から一歩でも外に出ると人類が絶滅する為)

も〜ね〜、ココだけでもジーンと来るやん!!(´;ω;`)ウゥゥ

熱い魂を感じます!!(・_・D フムフム

SF映画であるにもかかわらず、梶原一騎イムズ的なこのシーン。((´∀`))ケラケラ

このシーンだけで御飯三杯OK。((´∀`))ケラケラ

で、第2に。。。

          
SF映画にもかかわらず、パッチ(ステテコ)姿のオサーンらが。。。。((´∀`))ケラケラ

SF作品なのにやたらと畳とかラーメンやら出てくる松本零士先生の漫画で育った影響でしょうか、わたくし生活感漂うSF映画って変に壺に入る癖が。

ホンマこの手のシーンは大好きですねん。

余談ではありますが、このパッチ(ステテコ)シーン、他のSF映画でしたらショーン・コネリー主演の「アウトランド」で炸裂させております。

で、第3(最後)に。。。

「遊星からの物体X」の出演陣はみんな男。

しかも、殆どが暑苦しいオサーン連中。

冷静に考えてみて下さい。

          
          
そう!!世の中に映画は数あれど、ココまで悲壮感漂うオサーンらが横一列になった映画ってそうそう無いんちゃいます!!

以前(昔っから)にもブログで言っておりますが、こんな悲壮感漂うオサーン連中見ようと思ったら大阪の住之江ボート場にでも行かにゃ〜拝めませんからね〜、マジで。(・_・D フムフム

DVDやブルーレイ一枚あれば、そんな普段では拝め無いオサーン連中を何時でも好きな時に見れるんです!!

そう、ソレが「遊星からの物体X」なんです!!

ね、コレらの事をふまえると「遊星からの物体X」って本当に凄い映画でしょ???

今まで知らんかった人、少しは興味わいた???

な訳無いわな。(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)

追記:スタートレックとは全く無縁と思われる「遊星からの物体X」ですが、スタートレックDS9「忍び寄る可変種の脅威」では設定・プロトコル等、オマージュなシーンが展開されております。(間違いありません)

・・・。

今週のバートレックの営業は8月24日(金)、8月25日(土)の両日です。

よしなに。

それでは失礼致します。
長寿と繁栄を。長寿と繁栄
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
BAR TREK
links
search this site.
others