<< #たまらなく好きな映画のたまらなく好きなシーン | main | ゴメリンコm(__)m >>

観まんた(「合衆国最後の日」編)

          

JUGEMテーマ:映画


こんにちはバートレック(BAR TREK)のマスターことPALです。

あッ!!そうそう!!

本ブログの「観まんた」をカテゴリー化しました。

今後もチョクチョクこの「観まんた」をアップしていきますので、よしなに。m(__)m

「合衆国最後の日」観まんた。

今回は本映画の超簡単レビューちゅ〜よりも「スタートレックな・・・」的な内容。

そう、この映画にスタートレック関連な出演者が的なアレです。

          
「スタートレックII カーンの逆襲」でポール・ウィンフィールド演ずるリライアント号クラーク・テレル艦長がソレ。

スタトレに出演した俳優さんが本作品に出演しただけでは、普通な「スタートレックな・・・」。

何と!!ポール・ウィンフィールドが合衆国の核ミサイルを見て「スタートレックか」って言うもんやから少しばかしおお〜〜〜ッ!!てなる。

「合衆国最後の日」が1977年、「スタートレックII カーンの逆襲」が1982年作品なので、未来予想???ってな感じで2倍面白い。

このポール・ウィンフィールド氏、他のスタトレ作品ではスタートレックTNG「謎のタマリアン星人」のタマリアン星人の艦長も演じております。

「ダーモク」「シャカ、壁は崩れ落ちた」「顔を濡らしたキヤジの子」な艦長なのです。((´∀`*))ヶラヶラ

そう、トレッキーは世界中数いれど間違い無く(多分)わたくしPALが世界一観賞してるエピソードでもあります。

スタトレの事ばかりアップしてては「観まんた」にはならないので何時も通りの超簡単な映画レビューをば。。。。

脱獄囚3名が合衆国の核ミサイル基地を占拠し1000万ドルと大統領の人質を要求するちゅ〜結構シンプルな作品。

が、ベトナム戦争関連の内部告発的な話が出てきたり(内容が史実か如何かは定かではありませんが)と「よ〜こんな作品が世に出たな〜」と感心。

ミサイル基地を占拠するテロリストのリーダーがバート・ランカスターってなだけで大人汁ダダ漏れ状態。(´▽`)

その部下が先程アップしたポール・ウィンフィールド、「ロッキー」のエイドリアンの兄役で有名になったバート・ヤング。

バート・ヤングなんて「ロッキー」を意識してか、葉巻を加えるシーンが。(〃艸〃)ムフッ

大統領とテロリストのリーダーとの電話でのやり取りは、なかなか面白い心理合戦。

この電話シーンは時折、画面を2分割、多い時には4分割にしてシーンの緊張感を高めております。

なかなかエエ演出やな〜。

アクションよりも会話を楽しむ、そんな大人な映画。

あれッ、暑苦しいオサーンしか出演しとらん。((´∀`*))ヶラヶラ

追記:
追記と言うか知ってる人がおったら教えて下さい。
          
          
この写真の黒人俳優(本作品の大統領補佐官的な役)って宇宙大作戦「恐怖のコンピューターM5」のデイストロム博士やんね???
よ〜似とるんよな〜。

・・・。

今週のバートレックの営業は9月28日(金)、9月29日(土)の両日です。

今後もず〜ッとな週2日営業ではありますが、よしなに。m(__)m

それでは失礼致します。
長寿と繁栄を。長寿と繁栄
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
BAR TREK
links
search this site.
others