<< 30倍 | main | 接触編 >>

えじき


JUGEMテーマ:映画


こんにちはバートレック(BAR TREK)のマスターことPALです。

「死霊のえじき」

ああ、懐かし。。。。

マッドマックスサンダードームの次に劇場に何度も足をはこんだ映画やなかろうか。

ホンマ、よ〜観に行った。

社会人成り立てで蒸し暑い日が続く時期の上映やったのを覚えてる。

当初、単純にゾンビ三部作の一作品ってな位置づけやったけど、初めて観た時にビックリやった。

メッセージ性のあるゾンビ映画やん!!

ジョージ・A・ロメロファンには申し訳ないのだが、彼の作品はただの娯楽作品ってなイメージしか持ってなかったのですよ。


主人公が考えの合わないヘリコプター操縦士の部屋を訪ねたシーン。

このシーンが無ければ後に色々なメディアでの観賞は無かったと思いますねん。

で、サントラが無茶苦茶格好エエ。

ネットで調べたらプレ値付いとるな〜。

が、欲しい。。。。

給付金入ったら買おうかちら。(^_^;)

それと、持論で「ピチガイ博士の出てる映画にハズレ無し」ってのがありまして、ローガン博士がソレ。((´∀`))ケラケラ

博士ではありませんが、ピチガイ軍人ことローズ大尉も見逃せませんね〜。((´∀`))ケラケラ

軍事基地と言う閉鎖空間での個性あるキャラ群。

「遊星からの物体X」に近いところがあります。

個人的にはローガン博士とローズ大尉のピチガイ前の前日談も見て見たい。(^_^;)

今回はクラウドファンディングで発売されたブルーレイ版で観賞。

カーバージャケットがビデオ販売時のパッケージってのがポイント高し。

日本語吹き替えは、ファン投票で決まったものらしい。

中でもローガン博士をデータ少佐でお馴染み大塚芳忠氏が担当。

この時点で完璧なチョイスですな〜。(´▽`)

アル中なギョロ目無線技士ビルを担当した千葉繁氏も良しッ!!

今回、大塚芳忠氏と千葉繁氏の役が交代してるのも面白い。

とにもかくにも「死霊のえじき」は全ての要素がミラクルで融合した最高ゾンビ映画なのです。

・・・。

あッ、そうそう!!

念願のお店のホームページの更新作業が終了しました。

明日か明後日には、古いのと入れ替えます。

6月16日(火)からは、火曜日〜土曜日の週5日営業、日曜・月曜日が定休日の営業形態となります。


よしなに。

それでは失礼致します。
長寿と繁栄を。長寿と繁栄
コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
BAR TREK
links
search this site.
others